FC2ブログ

芋名月と豆名月

旧暦8月15日は中秋の名月であり「満月」を愛でる「月見」の風習がある。これは旧暦7月、8月、9月の秋の3ヶ月の中の真ん中(孟、仲、季)、秋の正位だからです。

秋は五行では金気に配され「乾、天、剛、円、白」を表すため、堅くて丸いものは全て金気となるから木の実、穀物は金気となる。

この時期に稲穂や秋の収穫物は結実を向かえるため豊作の祈りをこめて天に感謝し収穫の敵である風害などを避ける呪術としての祭り「月見」の風習が行われたと思う。

               月見団子2

月見の団子は「白」「丸」で、月も団子も金気の象徴そのものであろう。
五行相剋では、「金剋木」のため木気のあらわす「風」を鎮める働きも兼ねている。

8月の15夜を「芋名月」ということも多く、里芋も丸くて白いいものであるから同様の理からであろう。
東背振村では十五夜の供物は「盗られたほうがいい」といわれ、収穫物の予祝のため稔りの刈り取りのモドキとして行われ縁起がいいと思われる。

これも全国的な風習のものらしい。

「月見」といえば日本だけの風習であるが二回行われる。もうひとつは旧暦の9月13夜の月見である。後の月ともいい、豆名月、栗名月とも広く呼ばれている。東松浦では豆名月の月の色をみて「麦の出来を占う」風があったらしい。

9月は秋の終わりで孟、仲、季の「季」であり、季は麦や粟の稔る3ヶ月を表しまた同時に「末」の意味も含むため秋の末のことであろう。
五行では金気の終わりで戌月になるから秋の土用を含んだ月になるため秋を終わらせ冬への転換をはかる季節である。

土気は、土、黄色、裸、死を意味するため豆名月、栗名月は土気を含んだ収穫感謝の意味となるのだろう。
十五夜は収穫の予祝、十三夜は収穫の感謝の意味となるはずで、この二回の月見をセットで行うことが大切とされていた。

十五夜だけを行い、十三夜を見ない月見を片見月」といって縁起が悪いとか、雨が降りすぎて凶作となるなどといわれたようです。

土気を含んだ月見をしないと「金生水」のみでは雨がやまず凶作という意味かもしれない。

適度に雨を剋するものは「土剋金」であり、金気の秋を終わらせるためには「十三夜の月見」もしっかり行うことが大切だといういう意味にちがいない。

プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR