FC2ブログ

年迎えと煤払い

新しい歳神さまを迎えるために年末の煤払い、大掃除などを13日位から行うところは今でも多いと思う。
歳神さまは稲穂の「稔り」をもたらす「稔神」さまであり、その年の年魂(年玉)をもたらす神でした。

旧暦(太陰太陽暦)では春を連れてくる福神でもあるので歳神を向かえることは迎春の節供でもあった。

年神を迎えるために「トシ棚」をもうけ供物を飾り、目印に依り代となる「門松」を立ててむかえます。

年神は冬のおわりに山のほうから松の依り代にかえってくると正月の始まりであり、新しい年、月、日の「三元」のはじまりの朝が「元旦」となるのでした。

太陰太陽暦の時代に立春を正月とする文化が続いたなごりが「新春」を祝う挨拶となって残っているようです。

              門松1

長い冬を経過して陽気再生する「冬至」から数えて45日くらい経ると、ようやく陽春の季節をむかえるための
節供が正月の節供でありトシ棚に飾る料理が「節供料理」で通称は「おせち」と呼んでいます。

しかし本来は歳神さまへの供物なのであり「おせち」をいただくことは神様との神人共食の「直会」のこと
を意味しているのでしょう。

ナオライ(直会)により新しい生命力を頂くのが「年魂(玉)」であり、お小遣いのことではないのです。

歳神さまをむかえるコトは「春」の作神を迎えることであり、春は丑寅の季節に丑寅の方から訪れるため「松」をたて山から歳神をむかえるのであろう。

松は旧字体では木へんに八白と書くため八白土気の丑寅をあらわし、丑月の冬から寅月の春への転換を意味するものである。

山は易では「艮」であり艮はそのまま丑寅を意味するものである。
つまり春の歳神さまは山(艮)のほうから、丑寅の季節に丑寅の木を依り代として訪れるのが正月の「トシムカエ」の節供だということになる。

歳神迎えのための準備がスス祓いであり12月(旧)13日から始めるのは季節転換の「土用の入り」
を意味する行事だったのでしょう。
                煤払い2

土用は各季節の代わり目のまえ18日間をあてていましたので、旧暦は12月は30日でしたので新春の18日前は12月13日で土用の入りのはずでした。

これも本来が立春を正月としたなごりかと思うのですが、そのまま新暦でも1月1日を新春としてそのまま大晦日を無視して13日を煤払いとした結果ではないかと思います。

採りモノが箒や笹竹である理由は、笹竹は易では中が空洞で|:|(離)(火)を象徴する呪物であり、五行によると「火生土」の理により土用の土気を強め「季冬(冬の終わり)」から孟春への転換を促がすためのものでした。

箒と煤は単に「埃」なのではなく土用の働きを象徴する呪物となっているために、今日でも立派な掃除器具がありながらも、変らずに箒、竹笹を用いて煤祓いを行っているのでしょう。

歳神さまは一説では牛頭天皇の后ハリサイジョであるとも言われますが、女神であることは同じのようです。
そこで男性がもてなしたほうが喜ばれるというのが若水汲みなどの役を引き受ける「年男」の民俗のであった。

秘すれば花の日本の伝統文化は、迷信と言い切るほどには単純なものではなく、しっかりとした古代思想に基づいたものだったことを確認する年迎えとしてほしいものです。


スポンサーサイト
プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR