FC2ブログ

成富兵庫の治水

藤沢周平の時代劇ドラマ【蝉しぐれ】の冒頭の部分で主人公、文四郎が普請組をつとめる父の助左衛門の代わりに大雨による洪水から村を護るために駆けつけるシーンがあった。

蛇行する川の氾濫、出水を防止するために、決壊させてはならない流域より上流の堤を人足の動員により堤を切って勢いを増す濁流を原野に放水する作業である。

現代なら、河川の近くまで宅地化が進んでいるため、堤防を高く築き土嚢を積み堤防の決壊を防ぐ工法が主流のはずですが、中世から近代までは増水する水を特定の箇所を破壊させ逃してやる減勢工法のようでした。
              のり摘み2
                
まるで江戸の火消しが延焼を防ぐため、燃えていない周囲の建物を壊すことにより防いだ様にも似ているようです。火も水も同じように荒っぽくも見える方法ですが当時の方法としては他の選択を許さない手段だったようだ。

治水に戻しますが、当時は治水工法として河川を直線状に変え強固な堤を高く築き水を速やかに流す「紀州流」と河道の付け替えや河川の蛇行を利用し、一部を越流させてゆっくり流す「関東流」などが河川の形状により行われていました。

佐賀に於いては北部に標高千メートル級の山を有し急峻ですが、下流域は潮の干満差が大きい有明湾へ注ぐ低地が6割くらいを占めているため、穀倉地帯の平野部は排水条件も悪く氾濫をくり返していました。

そのため「紀州流」の工法は難しいため、河川の付け替えや乗り越し堤、遊水地への誘導など流量の減勢が工法となったようです。
          治水1

佐賀藩の治水の神様と謳われる成富兵庫茂安という武将は「徳川の世になりこれまでのように戦で領地を広める方法はできないため、自ら耕地を開墾し治水により農業生産力を拡大していく他ない」と藩主に進言をして茫漠とした荒地や氾濫する湿地を耕地として開墾するため多くの治水普請を成功させています。

代表的なものには、筑後川の氾濫から耕作地をまもるため12年の歳月をかけた「千栗の土居」、水不足になりがちな神崎地区の用水を確保するための「蛤水道」など大工事を成功させて領民の生産力向上に貢献している。そのため、成富兵庫茂安の名から命名した町が兵庫町や北茂安町などとして今でも残っています。

成富兵庫茂安は、普請方ではなく初代鍋島藩主、直茂の重臣として活躍した根っからの武将で戦乱期の戦に幼少時より加わった傑物で、藩主の信望もあり直茂より「茂安」の名を頂いたといわれるように、上記のような新田開発の進言をできる立場であったようだ。

上記の他にも代表的な取水堰に嘉瀬川から取水をする石井樋があり多布施川として水運のほか城下への生活・農業用水の取水と佐賀城下の堀を満たす防御濠の水となり佐賀江川を通り有明海に注いでいます。
           滝つぼ1

成富兵庫の方法は、「野越」という方法で、水量が増勢すると予定した乗り越し堤より水流が越水して遊水地に流れこみ下流への増水氾濫を抑えるというものでした。
当然、越水する部分は決壊とは異なるため堅固にこしらえてあり流量を制御できるものです。

また越えた水は大きな流木や石が農地に入りこまないように水防の竹林を植えて防ぎ、滋養豊富な水のみが灌漑用の遊水地や周辺農地に流れるために、増収に寄与するようできていました。

またこのような防災農地の一定の部分は検見(役人が作柄を検査すること)による年貢減免(破免)にしたため農民がそこからの収穫があれば潤うように配慮していたようです。

ダムのない時代に自然を征服するのではなく自然の変様に対応する工法のようでした。
水の力に逆らわず利用することで耕地の生産力をあげる治水と利水をセットとして考えていたようです。

ダムの撤去というあらたな河川環境の回復へ踏み出した自治体もあるように、もう一度河川環境と中世の水との関わり方を見直してみる必要があると思う。
スポンサーサイト
プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR