FC2ブログ

新嘗祭(にいなめさい)と勤労感謝の日

11月23日は「勤労感謝の日」として国民の祝日ですが、本来は天皇が自ら神様に新穀を供え、自らもこれを食す「新嘗祭(にいなめさい)」の日でした。

宮中にて天皇陛下自ら神々に奉られ、神前にて供え物を神々とお召し上がりになる儀式です。伊勢神宮にも勅使が参向されお米をはじめ穀物がお供えされます。

勤労感謝

               

神宮では、正宮をはじめ別宮、末社、所管社でもそれぞれお祭が行われ、お供え物は新米の蒸し御飯とお粥、粟の御飯とお粥、お酒、干物、肴の鮮物と鮑(あわび)と海藻の干漬と羹(あつもの)、果物(くだもの)などです。

しかしこの新嘗祭は明治5年の改暦までは冬至を含む旧暦の11月の中卯(2番目の卯)の日となっていました。
養老令(奈良時代の法令)に、「下卯大嘗祭〔謂ふ、若し三の卯有らば、中卯を以て祭日と為す、更に下卯を待たず〕」とあり、新嘗祭についても定めがあります。

新嘗祭は天皇がその年の新穀を神々にお供えされるお祭りですが、皇位に即位後はじめて行われる新嘗祭を特に「大嘗祭」として来ました。
       
新嘗祭

新嘗祭が宮中の祭典の中で最も重要なものであり、「卯の日」を厳定して斎行されてきた理由については卯の日のもつ霊力に言及される説が多く、卯は方角では東方を示し、時刻では明け六つ、午前6時を示し、季節では春の正位を示します。

「卯」は、易では「震」霊力の発現、陽気の出づる、はじまりの時を示していることが、「卯の日」の持つ力の所以であると信じられ、大嘗祭・新嘗祭という一年の収穫を感謝し、明年の豊かな稔りを祈念する最も重要な祭祀を、卯の日を選び重ねてこられたものでしょう。

旧暦11月の中卯日(2回目の卯の日)とされていた新嘗祭が新暦11月23日として日付が固定されたのは、明治6年(1873年)10月14日の太政官布告第344号「年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム」によります。

明治6年の「新暦11月の中卯日」が23日の「己卯(つちのとう)日」でした。たまたま新暦にて初めて日付を固定した年の11月の中卯日が23日だったために、以後ずっと23日としたものです。

こうして現在の11月23日が戦前まで「新嘗祭」として斎行されてきたのですが終戦後に、国民の祝日の「勤労感謝の日」と姿を変えたものです。

 冬至

新暦での11月23日そのものが本来、冬至を含む旧暦11月の陽気復活の「地来復」「一陽来復」を意味する「年穀の霊」の再生、年魂の再生という意味からずれてしまいましたから古代祭祀の新嘗祭から遠のいたようです。

「勤労感謝の日」が他の祝日と変わらない休日のひとつとなりましたが、宮中では厳粛な「新嘗祭」の神事としてとり行われているはずです。

それならば日本文化の国柄の象徴として改めて「新嘗祭」の復活にしたほうがそろそろよいのではと考えます。日本国憲法の精神とも矛盾しないものと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR