FC2ブログ

北面天満宮とカッパの像

佐賀市の旧道、城下の北西を巡る長崎街道に位置する六座町という所に、珍しく社殿、鳥居が北方に面した「北面天満宮」と呼ばれる神社がある。

これは藩祖、鍋島直茂が龍造寺家の領地のあとを継いで佐賀城下の町造りに、北方の鬼門にたいする防備のひとつとして菅原道真を祭神とする天満宮を旧地の鍋島村蠣久より移築、勧請したものらしい。

南東に、有明海や筑後川を擁する佐賀城下の地勢は、1570年の大友宗麟の大軍の襲撃を受けた「今山の戦い」のように北方からの敵に備えることが軍事的にも、呪術的にも重視された。
               北面天満宮の河童

この北方の守護神「北面天満宮」は昔から火災除けにご利益があると云われて、六座町では以来、今日まで大きな火災には遭ったことがないと伝えられている。

理由は、宮の楼門の頭上に木造の「河童の像」があるためで、河童の「水の気」の働きにより火災を未然に防いだとするものである。

河童は、水神の零落した姿の妖怪とされるため、楼門の上に火除けの呪物として鎮座させているものであろうか。
異形の姿である河童は、十二支の申、子、辰の三支で「水」を表す造形のようですが、五行では三合の「水」を象形したものという。
                       河童

「子」、ネズミのような顔と、「申」、猿のような身体に、「辰」龍のような鱗と爪の手をもっている。また、背中の甲羅は北の方位を護る神獣「玄武」の形にちがいない。

玄武は、古代中国より伝わった方位の四神、東(青竜)南(朱雀)西(白虎)北(玄武)のひとつで、北(子の方位)の守護神とされる。蛇と亀が絡む姿で、高松塚古墳やキトラ古墳などの墳墓の壁面にも描かれている。
                     四神図

六座町の「六座」とは、商工業の許可を城下に得た同業の集団で、穀物座、木工座、金銀座、縫工座、煙硝座、鉄砲座を誘致していた職人の町でした。城下の街道は、武家屋敷を迂回するような防御のルートとなっていたが、火災についても特別な警戒をもって火伏せの呪術のひとつとして「水」の造形である河童の木像を掲げたものに違いない。

ただ楼門のこの河童は、甲羅や頭の皿はなく、裸の水夫か力士のように見えるがこれは河童の古形である治水や土木の専業集団であった筋骨豊かな河伯(かはく)の姿のようである。

佐賀城下は、別名「沈み城」と呼ばれるように、無数の水路を巡らした平地の城郭のため城下の開発には、石工や土木の職能集団としての河童族とも称された者たちの活躍があったにちがいない。
                    河童力士像

この力士のような河童像は、まだ零落した妖怪の姿となる以前の治水集団としての力自慢の姿のようにみえる。ただ楼門の屋根を支えているのは水神としての火伏せの霊験を示すものだろう。

街道の幅員は3mにも満たさず、現在では建築基準法の道路の要件にも足らず、人馬が通る時代のまま残っているため、一方通行で車両には不便ですが、ゆっくり歩いての歴史散策には丁度手ごろのようでもある。
スポンサーサイト
プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR