FC2ブログ

建国記念の日

二月は節分、立春、初午、建国記念の日、バレンタインデーと短い月の割にはイベントが多く、節分の豆まきや恵方巻き、バレンタイチョコなどは、宇宙ステーションに人間が往来する今日でもちゃんんと生活文化として定着している。

それが2月8月(ニッパチ)商売の端境期の対策としての商魂であろうがしっかりと市民権を獲得しているように思う。

一方の2月11日の「建国記念の日」はどうでしょうか。れっきとした法律により「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として国民の祝日と制定されているにも関わらずだ……

戦前の「紀元節」はともかく、敗戦後に一度は軍国主義の象徴として消えてしまった祝日でした。

       巫女

昭和26年サンフランシスコ条約が締結され、日本が独立国となった暁にはその建国の日を祝う「紀元節」を復活したいと吉田首相が発言してから、昭和41年の佐藤内閣までに何度も審議未了がくり返されて難産のうえに制定された法律であり名前も「紀元節」ではなく「建国記念の日」と、「の」まで挿入して表現を和らげての誕生でした。
                 
名前を変えても、それは明治6年7月に制定された「紀元節」の衣替えであることは明らかです。

「建国をしのび」「国を愛する心」という文言に進歩的な文化人には尚も抵抗感が強かった故のようですが、今では「休みが一個あるならもうけもの」程度の感覚のようです。
                                 

    領土

しかし同月にある節分蔡やバレンタインデーにくらべるとまったく認知度が低いのは、GHQの洗脳か、戦争という犠牲者への贖罪(しょくざい)からなのでしょうか。

コマーシャリズムに弱い現代人なら「建国祭」に仕掛けて何か祓いのイベントを行うなら盛り上がるのでしょうが、皇祖神「天照大神」を祀る伊勢神宮ではしっかりと「皇大神宮祭」を行っています。

日本の建国は諸説あるようですが「建国記念の日」は、日本書紀の「辛酉年春正月庚辰朔天皇即帝位於樫原宮是歳為天皇元年」を根拠としているという。

これは「識緯説」にある「辛酉革命説」に基づき干支の辛酉の歳の大革命により天皇が即位したというストーリイにより決定しているようだ。―――― 「識(しん)」とは未来の事を記し「緯(い)」とは儒教の経典や禍福吉凶を解説したものだった。

明治に至って、「一世一元制」が成るまでは「代始改元(天皇即位による改元)」の他に、「辛酉」や「甲子」などを理由に数多く改元がされてきたのですが、今日では「一世一元」の天皇即位の場合のみと決められています。


神武


記紀編纂当時は、天文暦法をとりいれた「祭祀を中心」に政治を行ってきたことを思えば容易に推測できる。

国旗、国家が国際スポーツの場面以外に日常から薄れている今日ですが、せめてこの日くらいは日本国というものについて考えるきっかけくらいになれば意味がある祝日になるのだが・・

家族

                 

但し「天下の本は国に在り。国の本は家に在り。家の本は身にあり」と、孟子にあるように、近年親族間での犯罪なもど増加している社会に於いては、本当に国を愛する心を育むには、その本としての「家族や故郷(ふるさと)を愛する日」として民心の安寧の日と捉えたほうが良いのではとも思っている。


スポンサーサイト
プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR