FC2ブログ

社日さん と田の神

田の神さまを、具体的には「社日さん」と呼ぶところが多い。長野県ではシャニチサマは、田の神様で春の社日に山から降りてきて、秋の社日に帰るといい、餅を搗いて祀ったという。

佐賀市川副町 、犬井道では、社日さんは田の神様で、田の隅に居られるのでお彼岸の前後に祀るという。

群馬県館林市には、社日神社があり、社日もうでと称して社から土や砂をもらい受け田畑に撒き入れる風習があったらしい。どうやら田の神は社日さんと呼ばれ、春分、秋分の日に最も近い戊(つちのえ)の日に祀る作神のようでした。

               社日祭2

「社」とは「土を祀るヤシロ」のことであり産土神でもある。神とは天を祀ることである(天神地祇)。また「社稷」とは土(社)と五穀(稷)の神をいう。
従って、社日は「土を祀る農神の日」のゆえに、春分、秋分に最も近い戊(ツチノエ)の日に行うものだろう。戊(つちのえ)は十干では「土の兄」であり五気では強い土気を表す。

また社日を「立春」、「立秋」後の第五番めの「戊」の日と規定する地域がある。これは、「五」という数は、五行においては土気の生数とされるからだろう。五行では「一(水)二(火)三(木)四(金)五(土)」とされ五気の働きを示す成数は、それぞれ一から五までの生数に、五をプラスした六、七、八、九、十のことである。

春の社日を「春社」といい、五穀豊穣を祈願し、秋の社日を「秋社」として収穫に感謝し祭るという。土は作神であり四時順行をつかさどるものである。

田の神は、春に降りて秋に山の神として帰られるというのは全国共通のようであり、多くは旧暦の二月(現在の三月)に里に降りるというのは一致していて、春分の日に近い戊の日(社日)に山から降りるということとも重なる。

他に、二月の八日(こと八日)に地に降りて十二月の八日に帰るという地方もあるようだ。旧暦二月は卯の月で木気の正位であり「八日」の八は木気の成数(3+5)であるから「こと八日」は「農作業こと始め」に特別の日のようだ。

この日を針供養にあてる習俗がみえるのは、木気(農事)の敵となる針(金気)を供養する(送る)日としてなのであろう。
そして田の神が山に帰るのは一般的に「神無月」である旧暦十月とするものが多い。

              田の神2

十月は「亥」の月になる。「亥の月の亥の日」や「十月十日」に亥の子祭りや「トーカンヤ」などという「地神」の祭りを行う。

亥とは「閡(とじ)る」という意味で陽の気が全くない純陰の神無月でもある。神無月とは神が居ない月であると同時に、神が甦る再生の月でもあり。この月に神々は出雲に向かうのであり出雲は、大和からみて西南の坤の地であり純陰の地で神々が再生を果たし甦る地である。ゆえに出雲では「神在り月」とされている。

田の神は、二月に里の家に降りられ、五月の田植え祭に「サオリ」として田に迎えられ、田植えが済むと「サノボリ」として再び家にあがり、田からもってきた苗をカマド神に酒や供物と共に供え早乙女や田植を手伝った人々を招いて直会を行ったようだ。

            田の神3

その後、刈上げまでの間、稲の生育を守護し、収穫の祭りを経て山に送られると考えていたのでしょう。
農事の神さまは、田の神(山の神)であり「木気」の作神のようでである。

四季において春(寅・卯・辰)は木気の季節だが、支の三合で木気は「亥」に生じ「卯」に盛んとなり「未」に送られるため、田の神さまは亥(旧暦十月)と卯(旧暦二月)をなぞって祀られる習俗が多い。

ちゃんと陰陽五行の理を踏まえた祭祀として行われたように思える。
スポンサーサイト
プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR