FC2ブログ

ナマズと地震

日本は、震災被害が多い国で、日常のTVのテロップに何度も「地震速報」が流されていますが、
過去にも幾度となく大きな地震による災害をくりかえし被っています。神戸、新潟、関東、東北
北海道など頻繁に大きな震災に遭う。

       ナマズ2

科学の発達した今日でも正確に地震の予知、または防災が可能にはなっておりません。
それでは、昔の人々は、地震にたいしてどのような思いをいだいていたものでしょうか?

素朴には地震は地下に棲む大型の「鯰」が暴れているからだという話は伝わっていました。
そのために、鯰が暴れることを防ぐために、エビス神が瓢箪(ひょうたん)で押さえつけている絵なども
描かれてきました。

これはどういうことを意味していたのでしょうか?
吉野弘子氏によれば、「鯰」は魚ではあるが「鱗」のある「木気」の魚ではなく表面が裸でつるつる
していて、おまけに土色の魚なため、鯰は「土気」の怪魚であるとしていた。

次には、「鯰」は魚偏に念と書くように、念は「思」のことであり、陰陽五行に配当すると
木(貌)、火(視)、土(思)、金(言)、水(聴)としているため、「思」は土気に相当します。
従って、「鯰」は字の構成の点からも「土気」の怪魚と言えるものでした。

   ひょうたん鯰
               
このように形状、色、字の構成からも土気である鯰が暴れないようにするためにはどうしたらよかったのでしょうか?
それには、五行相剋の理をあてると「木剋土」の、「木気」によって鯰を押さえることがよいと考えられたようです。

エビス神は「木気」の神である。

海から来訪した恵比寿は足が不自由で曲がっているが釣り竿と鯛をかかえていて曲がりも木、鯛は鱗の魚で木、名前の恵比寿三郎の三については、易では一(水)、二(火)、三(木、)四(金)、五(土)のため「木気」の数である。

ひょうたんも木気の果実ですから、エビスが瓢箪で「鯰」を押さえている絵というのは、正しく陰陽五行の理を応用しているものだといえるのです。

他には「鰻」が騒ぐと地震がくるということも、鰻も裸虫でツルツルして、色も黄色であることから鯰と同義と考えていい。
夏の土用の丑の日の「鰻」は土気のものを食して暑気を祓い、季節の転換を願うという意味ですから同義の民俗になる。

このように昔の人は、予想以上に暮らしの風習に、陰陽五行の呪術を取り入れていたことがわかります。
スポンサーサイト



プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR