FC2ブログ

七種粥と迎春の呪術

「とんとんとん・・」マナ板を叩いて茹でておいたセリ、ナズナなど七草を、正月七日に『七種粥』として食べる風習は今でも全国に伝わっている。

 正月料理をたべて胃腸が弱っているため消化に良いとされ、今日では材料の七種を用意するまでもなく、セットでスーパーで売っている。またレンジで温めるだけの簡単な七種粥もパックとして用意されていて手軽なためこの風習は続いているようだ。

                七草2

佐賀市の大和町辺りでは、七種の準備は六日の夕刻にして前日に茹で上げた七種を七日の朝に俎板のうえにおいて七度叩いたという。

この時の口上には色々とあるようですが「雀がたけらんうちに叩け」とか、「七種なずな、唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先にトントントン」などと唱えるらしい。
七種をこのように叩くために、「叩き菜節供」とも呼ばれた。また六日までを松の内として年棚をおろし、七日に飾りものなどを焼いてしまうところも多かった。

                     叩き菜

どうして正月七日の朝に、七種類の野草を、七度叩いて、七種粥に炊いて食べるのだろうか?
正月のご馳走で胃が弱っているなどの理由は、あと付けで加えたものでしょうが、実は、陰陽五行説で読むと厳然とした迎春の作法となっているようです。

迎春の祭りは「火(火気)」を用いるものが多く、理由は春(木気)の作物の芽吹きにとって障害となる「金気」を弱めることが植物(木気)の伸長を助けることになるからのようだ。

金気の象徴となるのは、ここでは「白い・硬い米」です。白も、硬い米も金気をあらわし「火」で炊(た)くことにより軟らかくなり人が噛んで食べて金気の剋殺とする。

他に口上の「雀がたけらんうちに」は「(金気の)雀が猛らんうちに」であり、「唐土(西方)」も「鳥(酉)」も金気の方位をあらわしますから、俎板で口上を述べながら七七種たたくことは同じことを意味する。

                 火2

次に、火については竈(カマド)で実際の「火」にかける他に、この七という数が火気の成数だからだ。
「七日」に「七種」「七度」という「七」という数を執拗に重ねるのは、七=火の数による「火剋金」の金気剋殺の祈りのためであろう。

また七日を「人日」とするのも七(火)は人(土気)の祖神(おやがみ)とされるからだ。五行相生では「火生土」の理となっているためです。同じように人は七歳までは神の子とされたのも同じ理由からでした。

このような、何気ない民間伝承の中にも古代学としての陰陽五行の考えをとりいれていたことを思えば改めて日本文化の深層を知るには陰陽五行の視点を外せないことが確認できる。




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR