FC2ブログ

ひな祭りの気候

全国の旧城下町などでは、早から観光向けの雛祭が開催されています。

この場合は新暦での3月3日の「ひな祭り」を行うことを前提としているからだと思う。

しかし、ひな祭りは、五節供(1月7日の人日、3月3日の上巳、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽)の中のひとつで、本来は、旧暦の3月の最初の「巳の日」に行われていたものを3月3日に行うようになったという。

したがって、現在の暦では、旧暦での開催より、凡そ1ヶ月くらい早いため、桜や桃の花が開花するかなり前となり、梅の花の
季節となってしまいます。

ひな祭り


「ひな祭」は、「桃の節供」といわれ、女の子の節供ですが新暦で行うと気候的には不都合が生じますが、それでも「3月3日」という新暦での「数」を優先したために生じた気候のズレです。

今の暦は、「明治五年十二月三日を、明治六年一月一日と定める」と、改暦を行ったことから生じたものだ。

雛祭は、同時に「磯遊び」や「浜降り」などのように、また宮中では「曲水の宴」など、水と親しむ催事が多いため、なお更、新暦での催しとすると、この水ぬるむ季節の伝統との違和感が出ています。

節供は、身の穢れを祓うものであり、その方法は、紙や木でこしらえた雛形や人形(ひとかた)に、身体に憑いたケガレを写しとり、川や海に流し浄化をする「流し雛」の呪願が行われていたものが本来の形式でした。

流し雛


現在のような流し雛から、華やかな「飾り雛」にかわったのは江戸時代のころのようです。

雛形を川に流すことをやめるかわりに、三月三日日を過ぎると直ぐに片付け、また一年間閉まっておくことになった。

「雛飾りを片付けるのが遅れると、婚期が遅れる」といって戒めたのは、穢れを祓い水に流すのが本来のカタチだった
名残として残っているものと思う。

人形(ひとかた)の呪術としては、いまでも紙に印刷された人形に自分の病の部位の名前を書き神社などで払いの祈願をおこなってもらい快癒をねがう神事としては今でも夏越しなどの神事に残っている。

「磯あそび」「浜降り」は、ちょうど水ぬるむ「潮干狩り」の季節でもあり、水により禊払いを行う時節と合致していたにちがいない。

宮中では「曲水の宴」として―――庭園に小川を設え、盃をながしそれが到達する間に歌を詠む―――という古代中国
から伝わった宮中文化がある。

曲水の宴


旧暦の3月は「辰月」であり、易の卦では「沢天快」といい、上が水、下が天をあらわし、水の本性は潤下であり
下へ下へと流れていくことを意味し天と水の陰陽交合により農作物が成長するという「卦」となる。
そのため、水に親しみ、穢れを祓う禊ぎの神事として伝わったものと考える。

辰月の巳の日の「上巳の節供」は、ちょうど冬眠から醒めた蛇が脱皮をすることにより新しい生命を更新する辰巳の季節に、わたしたちの魂の更新のための禊ぎの儀式として流し雛から、飾り雛としての女の子の長久を祝う「ひな祭り」として定着したものでしょう。

ただ、本来が太陰太陽暦での3月(新暦では4月頃)だったために、今では飾り雛の華やかさだけが伝えられて、伝統の
文化とは、季節感が外れたことは残念な気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR