FC2ブログ

歌 と 王権

古代の君主は、徳がなければ、天変地異が頻発し民に禍をもたらすものとされました。それはまた易姓革命の理由となる天の意思であるとされた。

したがって王たる者は天の意をまえもって知ることがたいせつであり、四時の順行を確認することは最もたいせつな任でありました。

つまり四時順行とは季節の順当な巡りと五穀の豊穣に力を注ぐことであり、そのためには地上の時間表としての暦をつくることでした。
            
            歌垣


暦を用いることで、四季の循環をしり、生産物の収穫を豊かにすることができれば天の意にかない天子に徳があるとされていました。

易経には、「天の神道を観賞て四時たがわず、聖人は神道を以て教を設け天下服す」とあり、斉明、天智天皇のころも巨大石による水時計などを設置していたようです。

他に天子は四季に応じてその方位を拝し政を行うことが必要でした。政は祀りであり呪術でも
あります。

四時の順行に応じて数々の祀りをとりおこない一年の順調な推移と豊穣を願うのが神道であったのです。

陰陽五行では、天子は中央に位置し、四時の循環を司り天地の大和をもたらし民の平安をもたらすことがその天意を果たすことであったようです。

五行では、東(春)は木気、南(夏)は火気、西(秋)は金気、北(冬)は水気とされています。土気は、各季節の終わりの18日にあて、季節の生死、変転を果たすものとされていました。

             万葉集

また五行においては、天子の力として歌をつくり読むことが大切な権能とされていました。歌の中に四季のの順当な移ろいや豊穣の予祝を詠み、時を動かすことが必要とされたからです。

万葉集をはじめ数々の歌が編集されたのはそのような五行思想が暦とともに入ってきた理由からでした。

五行の音表においては、呼ぶは木気、笑うは火気、歌うは土気、啼くは金気、呻くが水気に配されていたため、「歌」はまさに季節の順行を果たす土気の呪術だったのです。

土気は、中央にあり、人であり、天子の座であり季節の変化、四時順行を司る働きを行うものでした。そのためしきりに歌はつくられ、歌われたものです。

こんにちでも宮中での歌会初めは重要な行事として行われるのはその天子と歌の関係を引き継ぐ宮廷文化と考えれば自然なカタチであると思います。

天皇は民の暮らしを気遣い、天変地異を悲しみ国家の平穏を願うのは古代王権の思想を継いでいるものと捉えることができます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR