FC2ブログ

弁財天と水神

 春の彼岸が近づくと各地より桜の開花の報せが届く。


三月は、旧暦ではまだ二月(卯月)であり、本来の「上巳の節供(雛祭)」は、旧暦の三月(辰月)に行われるため、水がぬるみ、歌のように桃の花の咲く「桃の節供」と呼ぶには旧暦の三月のほうがふさわしい。

 関連行事として、田植え前の「予祝行事」や、川遊びや山での「水」に纏(まつ)わるものが多くなります。

佐賀県、神崎市の仁比山神社の「御田祭」は、13年毎の申年の四月、初申の日から、次の申の日までの13日間に渡って行われる。

「仁比山神社」は山王さんと呼ばれ、農業神としての大山咋神が祀られますが、他にもこの季節には背振山や他の小高い山で水神である「弁財天」を祭って、そこで飲食をしたり土をもらってきて田圃に供えたようです。
                       
弁財天5


13日間という日数と「申」との関わりを考えると、旧暦の三月は「寅・卯・辰」の春の終わり(季春)であり、五行では木気の終わりでもある。辰の月は、春の土用を含み四時巡行、季節の転換を動かす大切な月のようです。

「辰」は、水が温み、二枚貝が口を開けた解字であり、農耕に大切な雨や水にかかわるものだ。十二支の三合では「申子辰」は、どれも「水」となり「水庫」を示すものである。

流し雛や、川遊びなど、水辺にかかわる祭りが多いのも頷ける。申は水の始まりのために、申年の申の日はまさに水の祀りを行うにはふさわしい祭日だ。

また四月の「四」と開催日数の「13」は、何れも金気の数である。五行では「金生水」として、「水」を生む数とされている。

 この季節に弁財天を祀っているのは、今では琵琶を抱えた姿から妙音や芸事の神様とされていますが、元来、サンスクリットでは、サラスバティ(河川の神)のことであり、インド神話では太陽の女神ともいわれました。

こうして農耕、特に田植えにとっては、水や日照は大切なものとして弁財天を「水神」として祀るのは合理的なことでした。

川

また水は、風水に於いても「蔵風得水」というように、「財」を意味することから、財産や商売、豊穣の象徴として霊験に繋がるものだった。
以上のように、この辰月の神事は、「水」と「農事」にかかわる祭りが多いことが分かる。

 沢天夬

 申子辰は、水の三合であり、且つ4、9、13は、どれも金気の数のために「金生水」の水の祖神として弁財天を河川の神として農事の祭りに取りいれた。

 次に「辰月」は、古代科学の筆頭であった「易」の卦において「沢天夬(たくてんかい)」とあり、高いところより沢の水が溢れて下のものに恵みをもたらす象となっている。「旧暦3月」の象のことである。

これにより小高い山に弁財天を祀ること、その山に水をもとめて神事を行うことは理に適っているように見える。

また辰月が「沢天夬」の卦であるなら、沢(兌)の卦はそのまま少女、悦び、言語(弁)を表すため、「沢天」=「弁天」そのものであり、祭日を巳の日を選ぶのは、巳は金気のため五行相生の「金生水」に由来するものだろう。

今日、何気なく古い習俗として忘れ去られようとしているものにも、本来は暮らしの科学として五穀豊穣を願うな理による伝承が多い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR