FC2ブログ

端午の節供

五月五日は子供の日「端午の節供」として馴染んでいます。特に三月三日の雛祭りを女の子の節供としたことに対して、男の子の節供となったようだ。

男の子の祝いとして、鯉幟や吹流し、武者人形などを飾る風習は一般的ですが、「鯉は龍門を昇って龍となる」という故事により男の子の成長と出世を願ったお祝いとなった。

また菖蒲は、「勝負」に通じ、刀に似ているとか、蓬は、香りも強く邪気を祓うともいわれ、武家社会では縁起を担いで屋根に挿したといいます。

                    具足

ただ、端午の節供が男の子の節供にかわったのは江戸時代からのようで、それまでは田植えを前にして、田の神さまに奉仕する早乙女の物忌みの神事であったようです。

端午とは、最初の午の日という意味ですが、とくに五月五日としたのは、旧暦の正月が寅月のため、そこから数えて5番目が午月となることから五月五日を端午の節供としたものでしょう。

「午」は、五行では火気の正位にあたり、午月午日は火気の最も強くなる日であること、また支の三合では、寅午戌で火気の三合をあらわし火は寅に生まれ、午に最も盛んになり、戌で衰えるという。

そのため端午の節供には、寅月の木気をあらわす植物の柏葉、火の象徴である三角形のちまき、土気をあらわす粉もの(甘い餅)を供えます。

粽(チマキ)の形状、柏餅は植物で△のカタチに拵え、且つ餅は甘いものであり、これは火の三合の象徴であり、火は土を生み、土は五穀の実りを生む豊穣の循環となるのでしょう。

ではもとの五月五日を「女の家」や「女の宿」としたのは何故だったろうかと考えますと、易の午月の卦に由来があるのだと思う。
午月は、易では「天風逅」とあり、巳月の全陽の卦に一陰が生じた「五陽一陰」の卦となっています。

                        天風姤3

「逅」とは、お后であり姫ですから、男が5人に対して女が一人の卦で、女性がモテル、大切にされる卦となるために、この日を女の家として祝ってやったものだといわれていた。

また子月(旧暦11月)から陽気が増して、全陽の巳月より田植えには大切な水が必要とされる月と出会うこと、つまり生命の水(一陰)との邂逅を祝う日であったのでしょう。丁度、冬至が「一陽来復」を祝うことの対の観念となっているにちがいない。

田植えの神事の前に、「早乙女」として奉仕するまえの「もの忌み」としての籠もりをあらわしたものでしょう。

                     早乙女2

このように考えると端午の節供は、火気の盛んとなる午の月に、旱魃をきらい生命の水との出会いを願う「天風逅」の卦をまつる神事だったものから、次第に、三月の雛祭り=女の子のお祝いに対して、男の子の勇壮な祝いへと変わって定着したものではないかと考えます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR