FC2ブログ

楠と百済観音

九州には、巨木として崇められる「楠」の木が多く、樹齢も千年にもなるものもあり多くは街路樹や公園に植樹されて、一年中緑の葉をつける常緑樹として景観を楽しませてくれます。

また、その力強い巨木は御神木、霊木として神社や古刹の境内にも繁茂している。
葉はツヤがあり、ほのかな香りがし、春先に白い小さな花をつけ、実は黒い紫色の大豆くらいの大きさの実を沢山つけ、潰すと甘酸っぱい芳香をはなちます。

常緑樹とはいっても、全く枯れることがないのではなく、他の落葉樹が葉を落とす冬には緑のままで冬を過ごし、春になると新緑が映えるころになると古い葉は紅変して大量に葉を落し、落ちた葉も独特の香りを放つようです。

            楠2

楠は、「樟」とも書くように、その香料は防虫剤としての「樟脳」の原料になっていて、材質も香を放ち、虫につよく、腐りにくいために、建築材や船材に用いられたようです。

幹は太く八方に湾曲して枝を伸ばすために、まっすぐな用材をとることがむづかしいため、いまでは建材としては
杉や檜にその地位を譲っている。

然し古くは仏像は南方の香木が用いられたように、我が国でも木製の仏像は九州の楠をもちいたようだ。

仏神の用材として用いたのはその香木としての用だけでなく、樹齢も久しく巨木となり神霊の依り代として古来より崇められてきたからに違いない。
例えば、出自が謎といわれつづけた法隆寺の「百済観音像」も七世紀ごろ九州の楠材を用いて造仏されたものといわれます。

観音像は現世利益をかなえてくれる菩薩として広く「観音信仰」が古来より受け入れられていて、木彫りの小さなものから数メートルのものまで盛んに建立されたようです。

観音菩薩は、とくに異国往来の水難や旅の往来からの災難の救済に効験が強かったとされ、大陸や朝鮮半島との
交易の港や河川の多い西九州では盛んに造仏されたものでした。

「百済観音」は、上記に加えて、九州の楠材により作られていることから法隆寺に安置される以前の経歴として九州の地より移されたものであるとの指摘も多く、謎の解明がまたれるところです。


                  百済観音像 
                                  

 またその採り物は瓢(ひさご)であり、サイズが八頭身であることから北斗七星を造形したものだともいわれます。
北斗は、北極星を中心として規則正しく運行することから、天帝の乗物とも見立てられているからです。
このことも異国往来の利益、交通の霊験とも合致する所以です。

               北斗七星 

更には「百済観音像」を横からみると、緩やかにS字形に調えられたフォルムは、北斗七星そのものに見えるから不思議です。

香木としての楠は、海水などに強く、観音のご利益を造形する適材として用いられたこと、そして謎の「百済観音」と九州の楠の木のつながりは私たちに古代王朝の想像をかきたてるものがあります。

それに加えて、左右に多く枝を広げる神木のカタチは、そのまま千手観音そのものに見えてくるから不思議である。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR