FC2ブログ

牛頭天皇と祗園祭

祗園の祭神、牛頭天皇はもともと信望の厚いチベットの王でしたが后にめぐまれなかったという。

あるとき天の瑠璃鳥に「南海の竜宮に波利采女という美しい娘がいる」ということを告げられた。
牛頭天皇は南海の竜宮に向かう途中で、馬を休めるために夜叉国の国王「巨旦将来」に宿を求めたが
酷く罵倒をされて、止む無く路を進んでいくと松葉拾いをしている巨旦王の奴隷女に会い・・巨旦の弟に
「蘇民将来、というものがいるので宿を求めるといい」と聞いた。

すると、言葉どうり一行は蘇民将来に歓待され、念願かなって妻を得た牛頭天皇は八人の王子をもうけた。

そして後に、牛頭天皇が八人の王子と共に、巨旦を滅ぼそうと夜叉国を攻めた際、松林の奴隷女を思いだし
桃の木からつくった「救急如律令」という護符を与えて助け、巨旦を五つに切断したという。

夜叉国を滅ぼし「蘇民将来」に与えると、牛頭天皇は「自分は後には疫病の神になる」と宣言し、後の世にもし
疫病が流行る場合は、八王子やその眷属の仕業であるから、疫病や災いから身を護るには自らを「蘇民将来の
子孫」と名乗れといい残した。

それいらい「私は蘇民将来の子孫」という護符を家に掲げる風習が流行ったのだという。

                   蘇民将来2

さらに牛頭天皇は、滅ぼした巨旦将来の悪霊調伏の方法として切断した遺体を五節供として祀ることを教え、
これが五節供の由来となったという。

1月1日に供える鏡餅は、巨旦の骨と肉、3月3日の蓬餅は皮膚、5月5日の菖蒲は髪と髭、7月7日に食べる素麺は
巨旦の筋をあらわし、9月9日の菊酒は血を意味したらしい・・・

では、牛頭天皇とスサノウの習合はどうしておきたかといえば、韓国語で「牛頭」とは「ソシモリ」といい、
悪行を働き天から追放されたスサノウは牛頭山(ソシモリ)に住んでいたが、嫌になり泥舟で日本に渡ったという。

そのことから牛頭天皇とスサノウ、波利采女とクシナダヒメ、八王子とヤガシラノミコトが習合し八坂神社に
祀られたという。

牛頭天皇はお釈迦様が修行する祗園精舎の護り神とされたため、夏の御霊会を「祗園祭」として疫病、悪霊を
封じる祭りとして全国の八坂神社に広がったものだという。

疫病と暑気祓い、夏の終わりの季節の順行、転換を祈る祭りとして土気(牛は土気)と火を剋す水の祭りと
して、締め込みの若衆に水をかけ、或いは土気の代表である稚児が先導する山車を曳くのであろうか?

このようにして祗園蔡は、神仏習合の祭りとなったように思える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR