FC2ブログ

ひな祭のルーツ

厳しい寒さが続いている中、早くも、旧佐賀城下では観光と町興しを兼ねて「ひな祭り」が行われています。

華やかな衣裳の「ひな人形」や道具などに目がいきますが、本来は旧暦の3月の初めの「巳」の日に行われる「上巳の節供」だと連想することも少なくなったのでしょうか。

          雛飾り
                     

明治5年の改暦以来、新暦とそれまでの旧暦での歳時記に差が生じてからは今の暦で3月3日を「ひな祭り」と称し行っています。そのため凡そ一ヶ月~二か月くらい近い開催となり、桃の花も桜も咲かない「雛節供」となり、どちらかといえば「梅の節供」とよんだほうがふさわしいような催しになってしまいました。

五月の男の子の「端午の節供」に対して「女の子」のお祝いとして定着しています。本来は、冬が去って春の農作業が始まるまえに一年の健康と豊穣を祈ったものでしょう。

ひな人形は煌びやかでく可愛らしくなっていますが「人形」本来の役目は「ひとかた(人形)」にあるようです。  

           ひとかた

                    
平城京址から発見された木片をヒトカタにくり貫いて顔を描いただけの人形(ひとかた)が原点であり、遡ると縄文土偶にまで求める説もあるといわれます。

人形の用途は形代として私たちの災厄や疫病を身代わりとして人形そのものに移して除災招福を願うものだった。
病やケガレを払うために人形に形代になってもらい、新しい生命力を更新するタマフリのために行う禊ぎ祓いが原型となっていると思われる。

禊ぎは「水」で洗い清めることが必要になるので、ちょうど季節的に水ぬるむ旧暦の3月「辰月」のころに、水と親しみながら除災招福の祀りを行うことが上巳の節供の姿にちがいありません。

日本各地には、ひな祭と同じ季節に、3月3日には川や浜に下りて「磯遊び」や宴をしたり、宮中では「曲水の宴」が
されたりします。

これはミソギの古形である蛇の脱皮をモドクものだと吉野裕子氏は指摘しています。
辰は、支の三合では申子辰を合して「水の三合」をあらわし、また巳と申は支合して「水」をあらわすといいます。
巳は、ヘビですから旧3月の上巳(最初の巳)において脱皮をもどきミソギ祓い除災招福を祈るのは最も適した条件にあると理解できます。

                人形

辰は、易においては「沢天快」の象であり、高いところに水が溢れ大地を潤すという卦のようです。辰の漢字は、二枚貝が
水ぬるむ3月その口を開けている象形です。

辰月に、人びとが執拗に「水」とかかわり川や浜におりて飲食、宴を催す風習があったのは禊ぎ祓い、生命の更新、タマフリの意図が原風景であり、「ひな祭」の人形は人に代って厄災を引き受けてケガレを祓い流す流し雛の役目だったのです。

人形飾りが華やかになり一部の地方をのぞけば流し雛の風習がなくなったかわりに「雛節供」を終えれば直ちに仕舞い込むという伝えになっているのは、祭の山車と同じ要素として伝わったものでしょうか。

ひな祭が、新暦の3月前に行われるようになり本来の季節感とずれて、その飾り雛や道具の華やかさのみを崇める今日ですが、原点としての「上巳の節供」「流し雛信仰」の信仰も忘れないことが大切だと考えます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR