FC2ブログ

人柱と荒ぶる神

温暖化の影響でしょうか、「経験をしたことのない」という冠がつく異常気象が繰り返されています。

北の近海にマンボウが現われたり、熱帯雨林にみられる、ゲリラ豪雨が多発したり、列島各地に自然災害を引き起こす。

急峻な山地を背景とする国土に多いのは、豪雨による河川の氾濫や地すべりで、土砂災害は、痛ましい人命を呑みこんでしまう。

佐嘉の一級河川、嘉瀬川は、治水の神様と呼ばれた成富兵庫茂安らの功績により、自然の力と調和をする
優れた治水工法により、広大な耕地を開拓してきた歴史がある。

その一方で、現在では負の歴史として伏せられている「人柱」などの伝承もあった。

それは、佐嘉の郡の地名のいわれについて、『肥前風土記』の記述を読むことでも確認できます。

        人柱さま
   
【郡の西に川あり。名を佐嘉川と曰う。年魚(鮎)あり。其の源は、北の山より出で、南に流れて海に入る。
  山の川上に荒ぶる神有り。往来の人、半ば生き半ば殺にき。ここに県主らが祖大荒田、占問いき。

時に土蜘妹の大山田女、狭山田女といふものあり。二の女子の云へらく、下田村の土を取りて、人形(ひとかた)、馬形を作りて、此の神を祀らば、必ず応へ和むことあらむとまをしき、即ちそのことばのままに、此の神を祀りしに、神此の祀りを受けて、ついに応へ和みき。

ここに大荒田云へらく、此の婦はかく実に賢しき女なり。故れ賢女を以て国の名と為むと欲うといいて、因りて賢女郡(さかしめのごおり)と日う】、とある。

風土記の記述には、郷里制が見られ、施行されていた霊亀元年(715)天平11、2年(739-740)までの間に作られたものとされる。

        嘉瀬川

記紀の編纂前後は、遁甲とよばれた、陰陽寮の影響を強くうけていて、佐賀川(嘉瀬川)の氾濫を沈めるために、土蜘蛛の巫女に占うと、下田(梅野村)の土で「生贄(人柱)」の代りに、人形(ひとかた)や馬形(うまかた)をこしらえ、荒ぶる神に奉げることにより、水神の怒りを鎮めたとされる。

この地には、現在でも「七郎神社」という人柱の遺徳を祀ったという神社があることからも、史実として治水の工事のために、人柱や土人形などを沈めたということが分かります。

人柱については、特異なことではなく、全国的にも広く伝えられているものようだ。
      
陰陽五行説によると、水の氾濫を制するには、『土剋水』という「五行相剋」の理を実践する必要があり、人は、「土気」に配当されるために、「生贄」としての「人柱」を水神に奉げたと推測できる。

imagesY6YZWJV3.jpg
          
記述では、土で人形や馬の形を代用として納めたとあるが、もちろん土は「土気」であり、人形は人柱の代用で、馬(午)は、「午戌寅」の三合により土気になる。

同時に、馬(午)は、火気の旺気であるため、土で作った馬(午)とは、「火生土」による五行相生の呪力をかりた強力な「土気」の力をもって氾濫を鎮めたという意味なのでしょう。

佐嘉の地名の由来とされた「賢し女」とは、荒ぶる神を鎮めたことによるとされるが、実は、生け贄の代わりに
土人形(つちひとかた)や土馬形を献じた叡智のことともとれる。

このように、古代から近代まで、我が国の祭祀には深く陰陽五行の影響がみられたことは最早、定説となっているものです。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR