FC2ブログ

七夕の不思議

7月7日は七夕(たなばた)ですが、季語は秋となっているように、もとは旧暦での催しでした。
年に一度、織姫と彦星が遠距離恋愛により、天の川を渡って出逢える星祭りの日のようです。
ほんのりとロマンチックな感情も伴う星祭のようですが、

何故、一年に一度しか会えないかといえば、「天帝の子である織姫は、働きものでしたが独身であることを不憫に思った天帝は天の川の西に住む彦星との結婚を許しました。
ところが、その後、織姫は機織(はたおり)をしなくなった為に、天帝の怒りにふれ、年に一度の七夕の日にしか逢えなくなった」と・・・こんな話のようです。

以来、毎年7月7日の夜を待ちわび、織姫は五色の糸で天衣を織りながら天の川を渡って逢瀬のできる日を待つことになったとのようです。

そこで、この織姫の巧みな機織(はたおり)の技能に願いをかけて、裁縫や歌舞、習字などお稽古事の上達を念じた星祭りとなったといいます。

                   七夕

一方で、七夕は五節供の行事の一つとして先祖の霊を祭る前のモノ忌みの行事だったとの説もある。いずれにしろ幾つかの伝承が重なって、今日の「七夕祭り」となったようです。

年中行事は、古来は太陰太陽暦で行って来たのですが、明治5年の改暦いらい、都合により、旧暦のまま続けるものと、単純に新暦に置き換えて行うもの、または、旧暦ではないが凡そ一ケ月遅れの旧暦に近いころに行われるものなど分れました。

神奈川県、平塚市の七夕は新暦でおこないますが、仙台の七夕などは月遅れの8月に行われ、青森のねぶたなども同時期になっています。幼稚園の子供たちは、笹竹に短冊を飾って持ち帰ってきます。

                    仙台七夕


「七夕」という以上は、「七」という数に拘ってみると、七月七日は「七」の重なる日になっています。

陰陽五行の視点からみると、一(水)、二(火)、三(木)、四(金)、五(土)の数を「生数」として、六、七、八、九、十は、各々の生数に、五を加えた数を「成数(ジョウスウ)」とし生数の働きを強めるものとしている。

そうなると、「七」は、火の成数であり、七月七日は、火の重なる「炎」を表すことになります。
これをそのまま「易」にて翻訳すると、上下とも火で「離為火」の卦をあらわしています。

                     ねぶた祭


「離為火」は、太陽、天、火、明、知、を指す為に、燃え盛る炎にのせて天に向かい習い事の上達を願うことに通じるのでしょう。

また、笹や竹は「火」の草木だ。笹の短冊に願いを書いて飾るのは、短冊のカタチは方形で木になるため、「木生火」の理により短冊に書かれた願いは、火を強めともに天の川の明知となり願いが叶うという信仰を生んだと思われますし、むしろこの方が合理的な気がして来ます。

七夕が過ぎると、火としての七夕飾りは、いよいよ海や川の水に「七夕流し」をすることでこの星祭は終わるようです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR