FC2ブログ

釜と竃(かまど)の神

近代的なシステムキッチンをつかい調理をする今では、想像しにくいですが、「薪」を燃料とした時代には、竃(カマド)は、鍋や釜をのせて食物の煮炊きに薪を燃やし使用する設備として必要なものでした。「くど」「へっつい」とも呼ばれ「かまど」は、囲炉裏と共に家族の生活の中心となる所でした。

「竃」や囲炉裏は、炊事などをする実用的な機能の他に、家族の団欒や夜なべなど暮らしを営むための神聖な場所とされ「竃の神」がまつられていた。

                  竃
                 
竃の傍に小さな祠を設けて榊や松をそなえ、火の神や火伏せの札を飾ったり、土製の面や木製の人形をまつるものが見られた。

宮城県や岩手県では、竈近くの柱にカマ男、火男、カマジンと呼ばれる粘土または木製の面を掛け、信越地方では釜神という木人形2体を神体とし、鹿児島県では人形風の紙の御幣を祀った。その他には炉の自在鉤や五徳を神体とした地方もあったという。

「竈」は、座敷などに比べて暗いところにあるため、影や裏側の領域、霊界と現世との境を区分する場所とし、「竃神」を両界の媒介、秩序の更新といった両義的な役割を持つ神とする考えた。

元々、竃には屋外へ煙を排出するための煙道が発達していたが住居が立柱建物に移行するにしたがい、煙道が失われ、竃は焚き口と鍋釜をかける穴のみが設けられた構造となり、薪の燃焼で生じた煙は焚口から屋内に排出され、屋根裏を通って屋根上部に設けられた「煙出し」の穴から屋外に吐き出されるようになった。

温暖多湿な気候の日本では家屋の腐朽やシロアリの被害から守るため、竃から屋内に煙を吐き出させ、柱材や家屋を「燻製」にし、防腐効果を狙うためと、竃の熱を効率よく室内の暖房に用いるためだった。

特に東日本では竃が普及したあとにも、囲炉裏が主流として残ったところが多かったのは、冬が長く、夜が長い北部日本では、暖房や照明用として家の中央の囲炉裏で常に火が焚かれているほうが、別に竃を設けて調理に使うよりも燃料の効率が良かったためである。
                  
他に、私たちが日常に用いる「オカマ」という俗語は、「お釜か、お竃か」、無意識につかっていますが、女装した男性芸人を呼ぶ場合は、いわゆる男色の対象としてですからお釜ではなく、後ろに排煙用の穴があいている「竃」のほうをさすことは容易である。

車を後ろから衝突される事故を、俗に「オカマを掘られた」というのはそのことであり、バイセクシャルの男性をオカマと呼んでいるのも同様であろう。
今日では、オカマの芸人も認知されているため、とくに卑俗な呼び名とされなくなっていますが、歴史的には人類の創生期まで遡るものと思う。

             囲炉裏2

囲炉裏も竃も、神聖なのは、食べ物を煮炊きする「火「」に関わるとか、霊界と現世の媒介をする暗い場所だからというよりは、陰陽五行の「土気」の働きを象徴するためである。

土気は、方位では東西南北の中央に位置し、また四季においてはどの季節にもかかわり新しい季節の生死転生を司る両義性を有するからである。
また、土気は生死も含め人をあらわすため、囲炉裏や竃で食物を煮炊きする火は、人の祖神であるとされている。五行相生では「火生土」の理のためと考える。

家の中心にあり、家族の食料を煮炊き調理する「火」は土気としての人間の気を生み護る「火の神」としての竃神であろう。

                火2

火の神としての竃神は女性神でありそれに奉仕するのは「火男」である。
火男(ヒョットコ)は火に仕える少男でもあるのだろう。少男は易では「艮」であり九星では八白土星、「松」にあたるからです。

竃に、榊や松を備え、土でこしらえた人形を飾るのはそのような慣わしからでしょうか。
私たちの祭りに「火」が多く登場するのは、それはただの火ではなく陰陽五行が負う「火」の働きをあらわしています。竃神と竃の関係も、そのような火と土との相性に違いない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR