FC2ブログ

鮒(ふな)市と恵比須

「さあ、いらっしゃい いらっしゃい」
まだ夜も明けない暁更5時頃から、活きた鮒を入れた箱を挟んで近隣より集まった客と鮒市の売り子が値を交渉し合っている。

「鮒市」は、二十日正月に出す料理「ふなんこぐい」の材料の「鮒(ふな)」を買うために、前日の1月19日に佐賀県鹿島市で開催される朝市のことで、300年以上も続く伝統行事だ。

「ふなんこぐい」は、鮒(ふな)を丸ごと昆布巻きにし、野菜等と一緒に煮込む郷土料理で、時間をかけて煮込むために、味が浸み込み骨まで食べやすくなり、出来上がった料理は、恵比寿や大黒さんに供えて商売繁盛や無病息災を祈願するという。

                 鮒市2


同様の風儀には、近畿地方で正月に食べた「鰤(ぶり)の骨」を20日間、酒粕の中に入れ、牛蒡・大根等と一緒に煮て食べる事から「骨正月」ともいわれるものがある。野菜と一緒に煮て食べ、お節料理の食べ納め、正月の「祝い納め」とした。

正月にお迎えし「もてなし」を受けた歳神さまをはじめ、万の神々が、それぞれ御帰りになるため、1月20日には正月の飾り物など全て片付けて、正月行事の締め括りの日と謂われていた。

                  具足
                  
神々に供えた鏡餅を下ろし鏡開きを行ったのは、江戸時代に幕府が十一日に「具足(ぐそく)開き」を行うようになるまで、この「二十日正月(骨正月)」が古風の習わしだったという。

そうすると此の「二十日正月」に「恵比須神」を祭るのは、旧暦十月「神無月」の際の「恵比須祭」と同様に「留守神」としての恵比須神を祭る意味ではないだろうか?

二十日正月は、「二十日恵比須」と重なって本来は「鯛(たい)」を供えるべきところを有明海のこの地域では「鯛」がそれ程は獲れず高価だったため、カタチの似た鮒(ふな)を鯛(たい)の代用として用いたと謂われている。

煮込んで骨までいただくのは「骨正月」というお祝い納めの伝統を継ぐものに違いない。または作神(木気)を迎えるために、その邪魔となる金気(骨)をしっかり噛み砕いて食べることで冬を送り、春を迎えるためと考えられる。

                     夷まわし

恵比須と大黒が登場するのは、今宮の戎廻しが本来、対の二神であったために、夷三郎を事代主(蛭子との説も)としたことから、もう一柱の大黒様が加えられたものに違いない。

個人的には、大国主と協力して建国を助ける常世からの来訪神「少彦名(スクナヒコナ)」との組み合わせの方が合理的な気がする。少彦名は、「吾は是汝の幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)也」と答えているからだ。

「ふなんこぐい」の通称は、「鮒の(煮)凝り」の「ふなんにこごり」が訛ったものといわれている。
正月の神々を送り、田の神を迎えるために同じ「木気」の作神である「恵比須神」を祀り、豊作を祈願するものだろう。

                     ふなんこぐい」

「鮒」は鯛の代用との説も、実は「鮒」という字が「餌に喰いつきやすい魚」という豊漁のイメージするなら「鮒」が予祝のモノザネだったとも考えられて、ここに「ふなんこぐい」と「恵比寿」が符合する機縁があったといえる。

寒風のなか、威勢のいい「鮒市」の呼び声を聞くと、強かな漁師たちの息吹が伝わって来る。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR