FC2ブログ

太子の憲法はなぜ17条だったのか?

「和を以て尊し」は、聖徳太子17条の憲法の一条にあり有名な箇所ですが
この部分の「和」というのは、現代の民主国家的な意味での「全員の衆知を集めて・・」などという生易しい「和」でないことは意外と知られていません。

その証拠に、条文をよく読むとわかるのですが、その時代がどのような政治的背景にあったかをみると理解しやすい。

                蘇我馬子

聖徳太子は、用明天皇の皇子で母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女でしたが、政治の実権を握る有力豪族の蘇我氏による崇峻天皇の暗殺事件の後、擁立された初の女帝である推古天皇の下で皇太子として政務を担いました。

このような政情の不安定な中で推古天皇の摂政として蘇我馬子らと協調しながら政を行い、遣隋使を派遣し大陸の文化や制度もとりいれて、冠位十二階や十七条憲法を定めるなど、天皇を中心とした律令国家体制の確立を図ったものでした。

この背景の下に、太子が定めた「十七条の憲法」をみると・・・
一に曰わく、「和を以って貴しとなし」とあるのですが、その続きを読むと・・・
「忤(さから)うこと無きを宗とせよ。人みな党あり、また達(さと)れるもの少なし」とある。
続いて、
三にいう、「王(天皇)の命令をうけたならば、かならず謹んでそれにしたがえ。君主はいわば天であり、臣下は地にあたる。天が地をおおい、地が天をのせている。こうして四季が正しくめぐり、万物の気が通う。

それが逆に地が天をおおうとすれば、秩序は破壊されてしまうため、君主のいうことに臣下はしたがうべきこと。
上の者がおこなうところ、下の者はそれにならうもの」と、君臣の秩序を強く求めているのが「和」という意味のようです。

                太子3

太子は謎の多い人物ですが、この条文をみる限り懸命に天皇を中心とした律令体制を求め「17条憲法」にもそのことが表れているのが「和を以て尊し」の下りのようです。つまり「17条の憲法」は、それ自体が朝廷体制安寧の「呪術」でもあったようです。

このことを吉野弘子氏の説明で解くと、この条文はそのまま当時、先進の学問として採用されていた易経を引用していて、易経によれば、「17条の憲法」は、「17」という数理にも込められているという。

17は(9+8)の和であり、9は易学の数理からは老陽であり「天・乾」を示し、8は小陰で「沢・兌」を意味するというのだ。
9(乾・天)は君徳の力を意味するもので、8(兌・沢)は臣下の忠をあらわし、易学の八卦のいう「天沢:履(り)」の卦を示すものだといいます。

「この履卦は、上は天、下は沢の卦であり、天が高く、沢が低く上下正しい位置にあり。天の徳は剛であり、沢の徳は柔のために、臣下が君主に従って行動する道を象徴している」、また「履」は64卦のなかで最も修徳の卦として「君を上卦に、臣を下に置く」君臣の礼を求めたものという解釈でした。(図)

                     天沢履

つまり「履卦」により君臣のきびしい掟を守り政治を行うように求めたことが17条という「数」に著わした命だったといいます。

従って太子の唱えた「和」は、そのような厳然とした位階にもとづいた封建律令国家としての「和」であり近代民主国家のそれとは異質なものだったということです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR