FC2ブログ

遠野という旅

盛岡から山あいを走らせ、早池峰神社を目指した。

つづら折の路を、縫うように、民話の里、遠野へむかう。ナビは付いてはいるが、方向を確認できる標識や案内板が少なく不安になる・・・・・・景観条例の為か、看板が少ないと聞いていた。

早池峰神社、下社の入口に到着すると、全体の案内地図が掲示されている。並んで「熊の出没に注意」の看板。これだけ山々を縫って入山すると、そこは寧ろ人間の領域ではなく、山の神の領地に分け入ることに違いない。

熊は、山の神の使なのだろう。早速、不浄なる人間を無許可で受け入れることを拒んでいるのだ。

             熊注意
     
車で、更に進み、社殿の前の一の鳥居に近づくと、訪れる人も少なく 外国人1名 相模原からカップルが1組だった。次の予定もあり、手早く参拝を済ませて遠野市街の方面へ向かった。

次の地、伝承園に向かう、此処には遠野の古来よりの暮らし、民俗がコンパクトに集められ分かりやすい。それにカッパ伝説の常堅寺、カッパ淵にも近いはず。
詩情豊かな「昔語り」を聴いた後、南部曲り家、オシラ堂、水車小屋、雪隠などを見学した。

伝承園にて、「カッパの捕獲許可証」なるものを手にして、(ビールの)ホップ栽培のおばちゃんに尋ねながら常堅寺裏のカッパ淵まで歩く。

             カッパ淵
                                   
常堅寺の裏を流れる川の淵にはカッパが多く住んでいて、人々を驚かし、悪戯をしたといわれている。澄んだ水が流れるカッパ淵は、鬱蒼と した木立に覆われ、今にもカッパが現れそうだ。

今回は、自らプランを練り、事前に旅情報や地域の歴史について可能な限り調査して臨んだだけに、ピンポイントでも受け取る情報量が違うと自負している。
たとえ其処に、目に見えるような施設が無くても、蓄えた想像力が補ってくれる「新しい旅」の楽しみ方ができた。

カッパが居るかいないか?・・・・それは想像の中でいい。木陰に流れる水辺に、如何にもカッパが棲息していたかも知れない様子があればそれは旅人にとって不足ではない。
「カッパ捕獲の許可証」なるものもゲームだ、通行手形、共感の印でしかない。

其のあと、遠野の殿さまの居城であった「鍋倉山城跡」へ登った。曲がった樹木の間からは眼下に遠野の城下が一望できる。

全国300藩の中、唯一の女性の殿さまが、存在した南部遠野藩の居城のあとだ。高台にある山城のため、遠野盆地の眼下には、雲海が広がり、東洋のマチュピチと例えられるような山城の光景も見えたにちがいない。

              鍋倉城

宿は、旅の目的からすると、全国画一的なサービスのホテルではなく民宿こそがふさわしい。
時の経つのもわすれ、女将と話題が尽きない。旅の醍醐味である。

翌朝どうしても立ち寄らなければならない場所があった。「デンデラノ」である。地元のひとによると、流木で作った標識があるだけで、何もない原野であるという。
ナビにも示されない、荒れ野を目指して辿り着くと、まさに山あいの丘の一角を占めた茫漠たる雑草地となっていた。車の離合すら拒否するような場所だ。凡そ見せようとする作為も感じさせず。唯々、寂寥感の漂う「姥捨て伝説」の場所だった。

                         
              デンデラノ


「デンデラノ」とはどういう意味だろう、京都には鳥辺野(とりべの)、化野(あだしの)、蓮台野(れんだいや)という風葬の地があり、沖縄では風葬の地を「テラ」と呼んで近代まで洗骨の風習があったらしい、何処か共通点もあるのだろうか?・・・どれも「死」というカテゴリーに近い気がする。然し、今生に在る者だれしもが受入なければならない厳粛な掟が示されている場所だった。何も無くて、訪れる客を拒むような荒地こそ、此の伝承に相応しいものに思える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR