FC2ブログ

二十三夜

 旧暦の二十三日、深夜の空を見てみましょう!・・・・東の方から、銀色の半月が出てきます。

江戸から昭和の初め頃まで、各地で「講」をつくって人々が集まり、飲食を共にしながら月の出を待つ民間信仰が流行った。その「月待ち」の標しとした石碑「月待塔」を、「二十三夜塔」といいます。

              下弦の月3

「マチ」は、「マツリ」と同じ語源とされ、社寺の縁日を「タカマチ」や「タカイチ」と同様に呼んでいたのですが、次第に「月の出を待つ」という意味に変化したといいます。

人々が集まり飲食しての忌(いみ)籠(ごも)りを「マチ」、「マツリ」の本態とすると、「月待ち」の行事はそのカタチを残していたといえます。

――――忌籠りとは、神を迎えるため穢れを避け、慎みの生活をすること。

佐賀県地方では「サヤマチ」といって、今では、地域の仲間が飲食する形として残っているものもある。

二十三夜の講は、「三夜待ち」「産夜(さんや)」とも呼び、多くは女性の講だとされてきました。子供に恵まれぬ夫婦がお参りすると子宝に恵まれるともいわれたようです。

二十三夜の月は、満月ではなく「下弦の月」として、深夜に東の空に昇ってきます。昔の人は、この月に神秘性を感じていました。

                月待ち


おがむ対象の月は、十三夜は「虚空蔵菩薩」、十五夜は「大日如来」、十七夜から二十二夜までは「観音菩薩」とし、二十三夜は「勢至菩薩」に見立てたという。

ただ、満月を大日如来とすると、月齢に依らず、本来の月は同じであり見え方が異なるだけで、いわば大日如来の化身ともいえる。

「二十三夜」の勢至菩薩は、阿弥陀三尊の脇侍として観音菩薩と共に、阿弥陀仏と共に、その働きを助けるといいます。観音菩薩は「慈悲」を、勢至菩薩は「智慧」を以て救うとされている。

                     火の三合


二十三夜の「月待ち」は、正月「寅」・五月「午」・九月「戌」(いずれも旧暦・支の三合)に盛んに行われました。寅・午・戌は三支合して「火」をあらわすため、「月待ち」の祈願は「火」焚きの行を背景にしていたと思う。

密教や修験は「護摩」を焚きますが、護摩は、サンスクリットの「ホーマ」から音写したもので「焚く」、「焼く」の意味だという。護摩を焚くと、炎があがりその火によって供物が捧げられる。

                護摩焚き


旧暦一月二十三日の夜に月を拝んで、月の出る位置により農作物の豊凶を占ったりした。また月がまっすぐに立って出てくると、物を売るとき値段が高くなり、横になって出てくると安くなると判断した(一戸町)。・・・・浄土系と密教系の混在した山岳信仰によるものか、呪術的な要素も強い。

実際、月が出るのは二十四日の深夜ですが、夜の九時頃に集まった人たちは、飲食をしながら月の出を待った。此れを記念して建てた「二十三夜塔」の石碑は町内各所に見られる(一戸町)。

                     二十三夜塔3


 どうして民衆は、満月や上弦の月ではなくて、二十三夜の「下弦の月」を信仰の対象としたのでしょうか・・・・・・
かって、陸奥のこの地域は「隠し念仏」の盛んだったところと伝えられています。

凶作や飢饉に苦しむ生活の中、念仏の力によって救われたいと願っていました。―――阿弥陀仏は、西方浄土を主宰し、すべての衆生を救済しなければ、成仏するまい、と誓いを立て、法蔵菩薩としての誓願が成就して阿弥陀仏となったとされています。

                 下弦の月

「下弦の月」は、末法の世(夜)に現われ、阿弥陀の本願により、月の舟に乗せて、衆生を西方浄土へ運び、救済する乗り物と見立てたに違いない。信仰の証しとして「二十三夜塔」を建て、民衆は暮しの依り処としていたものと思う。

東の空が明るくなる頃、その月は、真っ直ぐ合唱をするように、遠い西方浄土へ向かいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR