FC2ブログ

嫁盗み婚

「或るものに取られて今はその妻となれり。子もあまた生みたれども、すべて夫が食い尽して一人此のごとくあり。おのれはこの地に一生涯を送ることなるべし。人にも言うな・・・(遠野物語6)」

「遠野郷の民家の子女にして、異人にさらわれて行くもの、年々多くあり。ことに女に多しとなり・・(同31)」

              遠野物語


・・・以下、不都合なことでも現代人の感情で、史実や伝承を歪めてはならない。

夜  這 :男が女のもとに通っていくことが正規の婚姻の手続きを意味する風習があった。
女の夜這:日本海沿岸部などでは、船小屋など若衆の寝宿に女の方が夜這にいく地域もあった。
若 者 宿:一定の年齢の若者が集まり、寝泊りし大人としての手ほどきなど教わる組があった。
娘  宿 :未婚の女子が集まり、女の手管等を指導を受ける宿。寝宿、遊び宿と呼んだところも。

民話、童唄(わらべうた)などに僅かに残されているメッセージを読み、真実の姿に迫ることも

【花いちもんめ】
勝ーって嬉しい花いちもんめ
負けーて悔しい花いちもんめ
どの子がほしい
相談しーましょっ
そうしましょっ
近代的な婚姻の制度が調うまでには、様々の変転を経た。近親婚 掠奪婚 妻問婚 政略婚 等々。

【赤い靴】
赤い靴 はいてた 女の子
異人さんに つれられて 行っちゃった
横浜の 埠頭から 船に乗って
異人さんに つれられて 行っちゃった
今では 青い目に なっちゃって
異人さんのお国に いるんだろ
・・・1人の女の子の話しではなく社会の風潮を唄ったもの。

【島原の子守り歌】
おどみゃ島原の おどみゃ島原の
 梨の木育ちよ
 何の梨やら 何の梨やら
 色気ナシばよ しょうかいな
 はよ寝ろ 泣かんで おろろんばい
 鬼の池久助どんの 連れんこらるばい
・・・鬼の池久助どんは、女衒のことらしい。(女衒とは、女性を遊女に売ることを業とする者)

               島原の子守り歌


婚姻の風習には、元々は「略奪婚」だった行為を、穏やかな形に変えて、一種の儀礼として、残ったものもある。

鹿児島県の大隅地方には、かつて【おっとい嫁じょ】という奇習があった。「おっとる」というのは「盗む」の意味で、「おっとい嫁じょ」は、【嫁盗み】のことでした。
女性をさらって来て強引に結婚させるという風習は、他でも見られ、【嫁盗み】や【嫁担ぎ】などと称されていた。
これは、特別に異様なことではなく、人類が長い歴史の中で繰り返してきた「生と性」の営みでした。

【ハレとケ】
「嫁を盗む」ことが許されるのは、正月や祭礼など、男女が集い交歓するハレの時が多く。ハレの日に男性が好みの女性を見つけると、家に帰り、両親に「嫁の候補としての女性を盗って来てもよいか。」と確認した。

江戸時代までは転居の自由などなく、先祖代々の土地を離れることは難しいことでした。人口の少ない田舎などには、配偶者を得て、同時に近親婚を避けることは困難なことでした。

村中の苗字が同じで、見るからに血縁が濃いような村もあり、こういう地域では村の女性と見知らぬ男との通婚が必要だった。乱婚の風習は、近親婚に陥りがちなリスクに「新しい血」を入れるための知恵でもあったからです。

              峠


【雑魚寝】
主に年越しの夜や宵祭りのオコモリなどに行なわれ、七夕、盆、中秋の月見などにも、男女が一カ所に集まり、入り混じって寝たという。
かって十津川地方では、人妻や娘が、「自由に好みの男性と交わったという。男が旅人でも、どんな素性の人でも、お構いなし。夫や家族も怒ることをしなかった。このような風習としての乱婚を「種もらい祭り」と呼ぶところもあったという。

また承諾のうえとされる、「若者宿」や「娘宿」と呼ばれる処は性解放の場となっていた。
ある村では、「娘と後家は若衆のもの」というセリフを聞くこともあった。そのうえ、赤ん坊が誰の子なのか不明という事例があっても、共同体の一員として、それほど気にすることなく育てられたという。

               村

飢饉などで窮したときには、娘や妻を食糧と引き換えに、差し出すことも近年まであり、ちいさな旅籠などでは、旅の客の夜伽として自分の妻を差し出すこともあったという。

此れを、単に「猥らな行為」と断ずることのできない事情も見えてくると、今の倫理観で受け入れ難いものも、懸命に生きるための「生と性」の風俗だったといえます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jyoumonjn                                      K.やまだ       in SAGA 

Author:jyoumonjn        K.やまだ in SAGA 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポインタ・スイッチ




最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR